コナコーヒー100%! バーバスコーヒーは希少な最上級ハワイコナだけを契約農園からお届けします。
最高級コナコーヒー、ドリップコーヒー、フレーバーコーヒー、コーヒーギフトを自家焙煎でご提供する珈琲専門店バーバスコーヒー
 
バーバースコーヒーON LINE SHOP
カートを見る
トップ全商品スペシャルティコーヒーフレーバーコーヒードリップコーヒーギフト定期購入コーヒー器具コナコーヒーとはバーバスとは
ショッピングガイド
全商品ラインナップ
スペシャルティコーヒー
フレーバーコーヒー
ドリップコーヒー
コナコーヒーギフト
バーバス倶楽部定期便
コーヒー器具
コナコーヒーレシピ
ハワイコナとは?
バーバースコーヒーとは?
■契約農園「コアコーヒープランテーション」のご紹介
■栽培から精製まで
■数々の受賞暦
■鮮度へのこだわり、焙煎のこだわり

■契約農園「コナヘブンズ」のご紹介
バーバスコーヒーとは?

コナ・ヘブンズ
KONA HEAVENS
「コナヘブンズ」は、カリフォルニアで弁護士としてご活躍されている、道野守康さんが ハワイコナの魅力に魅せられ、2005年に小さな珈琲農園を購入する事から始まりました。
購入した小さな農園の周りの土地も合わせて購入し、コアコーヒープランテーション創設者のマーリンアコービッチ氏のアドバイスと協力を経て、 開拓し苗木を植えました。苗木をコーヒー豆が出来るまでに育てるには最低3年掛かります。さらに道野さんの目標は当初よりオーガニックハワイコナを 育てる事にありましたので、米国農務省のガイドラインに沿って、農園の運営、土壌の管理、コーヒーの木の育成に取り組みました。 その間、ハワイとカリフォルニアを行き来して、熱心に取り組まれたそうです。 その情熱と探究心は当時アドバイザーであったコアコーヒー農園のマーリン氏も舌を巻くほどだったようです。
農園設備も整いコーヒーの木も順調に発育し、全ての準備が整った2008年4月道野さんはGOCAのオーガニック農作物の承認申請をしました。 そして7ヶ月経った2008年11月晴れてあの厳しいGOCAのオーガニック農作物の承認が下りたときは、情熱を内に秘め冷静沈着な道野さんも飛び上がって喜んでそうです。
初出荷の豆を我々はテイスティングして、安全安心基準、珈琲の品質、そして生産者の人柄(情熱)と 当社がお取引させて頂くときに大事にしている基準を全て満たしていたので、 新たにお取引をさせて頂く事にしました。
私どもは、当社の契約農園である「コアコーヒープランテーション」がこの「コナヘブンズ」 の農園設立に携わった縁から、当初より道野さんの頑張りを目の当たりしてきました。 そんな道野さんの丹精こめたハワイコナを日本の皆様に紹介できる日が来た事を喜んでいます。


契約農園名 コナヘブンズ(kona Heavens)
農 園 主 道野守康 (Moriyasu MICHINO )
農園所在地 73-1425 Kahakea Pl.Kona-Kailua, Hawaii
農園規模 6エーカー
年間生産量 約4トン
設立年月日 1997年
承認団体 GOCA(Guaranteed Organic Certification Agency)
=米国農務省(USDA)の認可を受けたカリフォルニア州にある有機農産物の承認団体

GOCAオーガニック証明書
 
Next Page Top