コナコーヒー100%! バーバスコーヒーは希少な最上級ハワイコナだけを契約農園からお届けします。
最高級コナコーヒー、ドリップコーヒー、フレーバーコーヒー、コーヒーギフトを自家焙煎でご提供する珈琲専門店バーバスコーヒー
 
バーバースコーヒーON LINE SHOP
カートを見る
トップ全商品スペシャルティコーヒーフレーバーコーヒードリップコーヒーギフト定期購入コーヒー器具コナコーヒーとはバーバスとは
ショッピングガイド
全商品ラインナップ
スペシャルティコーヒー
フレーバーコーヒー
ドリップコーヒー
コナコーヒーギフト
バーバス倶楽部定期便
コーヒー器具
コナコーヒーレシピ
ハワイコナとは?
バーバースコーヒーとは?
■契約農園「コアコーヒープランテーション」のご紹介
■栽培から精製まで
■数々の受賞暦
■鮮度へのこだわり、焙煎のこだわり

■契約農園「コナヘブンズ」のご紹介
バーバスコーヒーとは?
BABA'S COFFEEは、「コアコーヒープランテーション」と独占販売契約を結んでいます。

コアコーヒープランテーション
KOA COFFEE PLANTATION
コアコーヒープランテーションは、ハワイ州のキャプテンクックでマーリン・アコービッチ氏とその妻キャシーさんにより1997年に始められたコーヒー農園です。マーリン氏の母バーバスさんの功績をたたえ、夫妻は、彼らのコーヒーを“バーバスコーヒー”と名付けました。たった6エーカーで始められたコーヒー農園は瞬く間にコア地方で指折りの大きな農場となり、現在では自社農園だけで270エーカーを越す巨大な農場に成長しています。

ハワイ・コナの品種は高温多湿や強い日差しを嫌うため、高地栽培が適しています。コアコーヒー農園は、豊かな土壌のマウアロア火山の麓に位置しています。標高2,500フィート(750m)の地、朝方は日差しが強く、正午には雲に覆われ、平均を超す降雨量があるという理想的な気候が、コーヒー豆をゆっくりと成熟させていきます。これらの恵まれた自然条件がコアコーヒー農園のコナコーヒーの実を、極上のサイズと品質に育てあげるのです。

コアコーヒープランテーションは、2002年にコナコーヒーのカッピングコンテストで最優秀賞を受賞し、設立から5年で早くもチャンピオン農園となっています。しかし、アコービッチ夫妻は品質の向上への努力を怠りません。そのひとつのエピソードが、コナ地方で最も早くコロンビアより最新のウェットミルの機材を導入したのが、コアコーヒー農園だということ。それ以来、他の農園は連なるように同農園のウェットプロセスのシステムを取り入れているという事実が、品質へのこだわりの姿勢を物語っています。コーヒー栽培に理想的な土壌と気候に恵まれた農園。そして、安定した品質管理への努力。コアコーヒー農園のコナコーヒーの素晴らしさの秘密は、こんなところにあるのです。



契約農園名 Koa Coffee Plantation(コア・コーヒー・プランテーション)
創 始 者 Marin Artukovich(マーリン・アコービッチ氏)
農園所在地 ハワイ島コナ地区キャプテンクック
(マウナロア山標高2500フィート(約750m))
農園規模 570 エーカー (230ha) ( 自社270 + 契約農園300エーカー) 
年間生産量 455t
設立年月日 1997年
所属団体 Hawaii Coffee Association(ハワイコーヒー協会)
Specialty Coffee Association(アメリカスペシャルティコーヒー協会)
Kona Coffee Council(コナコーヒー協会)
Pacific Coast Coffee Association(パシフィックコーストコーヒー協会)
設立から5年でチャンピオン農園となる。設立当時6エーカーでスタートしたが、現在自社所有270エーカー。
コナ地区全体の20%の生産を占める農園に成長。

コナコーヒーの素晴らしさを伝えたいという情熱をもとに、私達はお客様に世界で一番口当たりが良く、バランスの取れた香りのコナコーヒーを提供いたします。ぜひ、私達のコアコーヒー農園で取れたコーヒーをお楽しみください。

マーリン・アコービッチ
 
Next Page Top