コナコーヒー100%! バーバスコーヒーは希少な最上級ハワイコナだけを契約農園からお届けします。
最高級コナコーヒー、ドリップコーヒー、フレーバーコーヒー、コーヒーギフトを自家焙煎でご提供する珈琲専門店バーバスコーヒー
 
バーバースコーヒーON LINE SHOP
カートを見る
トップ全商品スペシャルティコーヒーフレーバーコーヒードリップコーヒーギフト定期購入コーヒー器具コナコーヒーとはバーバスとは
ショッピングガイド
全商品ラインナップ
スペシャルティコーヒー
フレーバーコーヒー
ドリップコーヒー
コナコーヒーギフト
バーバス倶楽部定期便
コーヒー器具
コナコーヒーレシピ
ハワイコナとは?
■コナコーヒーとは?
■コナコーヒーの等級について
バーバースコーヒーとは?
 
コナコーヒーとは?
米国ハワイ州ハワイ島コナ地区のみで栽培される「コナコーヒー」は、世界のコーヒー豆の総収穫量の1%以下しか採れない、希少なコーヒーです。そのうえ、世界一厳格といわれるハワイ州政府の格付けによって高い品質が守られており、これが、世界で最高のコーヒーのひとつといわれ、日本ではブルーマウンテン、キリマンジャロと並んで「世界三大コーヒー」と称される由縁です。その豊かな香り、まろやかな口当り、そしてすっきりした味わいは、1度飲んだら忘れられないという方が多く、日本にもたくさんのコナコーヒーファンがいらっしゃいます。この希少で高品質な「コナコーヒー」について、詳しくご紹介しましよう。

コナコーヒーとは、ハワイ最大級の島ハワイ島の西海岸に位置するコナ地方で生産されている希少なコーヒー豆につけられた名称です。500〜3,000フィート級の高さのフアラライ山、マウナロア山という高度な火山エリアでのみ生産され、ここで育てられたもの意外はコナコーヒーとは呼べません。ハワイ・コナの品種は高温多湿や強い日差しを嫌うため、高地栽培が適しています。コナの山側地区はコーヒー栽培に理想的な環境であり、コナコーヒーは真っ黒な火山岩の多い傾斜地で育てられます。しかし、横1マイル(1.6km)、縦13マイル(48km)とその作付面積は他の品種に比べあまりにも狭く、その生産量は全世界のコーヒー生産量の1%にも満たないのです。

朝は晴天が多く、午後は雲に覆われ雨が多く、そして昼夜の寒暖差により、夜はコーヒーをゆっくり成熟させ生気を与える。そんな環境が毎日続く・・・。100%ピュアなコナコーヒーは年間降雨量が多いハワイ島特有の理想的な気候により育てられます。火山岩を砕いたような真っ黒い小石の上にコーヒーの木が植えられているのも、コナ地方ならではの特徴。ちなみにアボカド、マンゴー、マカダミアナッツなどの木が自然に育つのも、この地ならではの豊かな大地の恩恵です。

 
まるで上質のワインのように、コナコーヒーの摘み取り作業は、1粒1粒熟成具合を見ながら最大限の注意を払い、すべて手作業で行われています。これが、香り豊かでデリケートなコナコーヒーの品質を高く保ちたい、という生産者のこだわり。コナコーヒーが「世界で最高のコーヒーのひとつである」と言われている理由のひとつかも知れません。

「精製」とはコーヒーの果実から果肉などを取り除き、生豆の状態にする工程のことです。コーヒーの精製には、乾燥式と水洗式のふたつの方法がありますが、ハワイ・コナは水洗式で精製されます。水洗式は乾燥式に比べ非常に手間がかかりますが、作業工程ごとに不純物や欠点豆が除去され、粒もきれいに揃うため、非常に精製度の高い、高品質な生豆に仕上がるのが特長です。バーバスコーヒーの契約農園「コア・プランテーション」では、精製の途中でコーヒー豆を一定の温度・湿度に保った倉庫で1〜3ヶ月寝かせて香りを引き出し、さらにその品質を高めています。
 
Next Page Top